基本的ランチェスター法則【シェアパターン】

基本的ランチェスター法則【シェアパターン】

「シェアパターン」もランチェスター法則での基本的事になります。
これを覚える事でランチェスター経営についても活用できますので覚えておきましょう。

 

 

【シェアパターン】
先ずは「分散型」についてです、1位が26%以下、その他の企業との差も2倍以内で並んでいる場合(たとえば20%、17%、15%・・・)ですが、この場合は順位変動し易く首位が交代する可能性が高いです。

 

次は「相対的寡占型」ですが、これは三つ巴戦になるときの事をさします。
たとえば1位のシェア率30%、2位のシェア率25%、3位のシェア率20%とします。
この場合、1〜3位の合計が75%になりますよね。
2〜3位の合計シェア率は45%になり1位を引き抜く率でも有ります。
また1〜3位までの各企業とのシェア率の差が2倍以内になっています。
こんな状態になると3社での三つ巴戦という事になるのです。

 

次は「二大寡占型」ですが、これは第一法則、一騎打ちの法則に該当する物で、1〜2位のシェア率の合計が75%以上、1位と2位のシェア率の差が2倍以内である場合に該当します。
この場合は1位も2位もたいして差が無いと判断され、一騎打ちの戦い状態になります。

 

次は「無理強い独占型」です。
いわゆる独占体制の事を指します。
シェア率は1位が41.%以上で有る事、2位とのシェア率の差が2倍以上で見て取れる事になります。

 

最後に「完全独占型」になります。
完全に決着がつく程の独占体制という事なのですが1位のシェア率が73.9%以上とスゴイのが特徴です。

 

 

こんなシェアパターンを踏まえた上でランチェスター経営を成功出来るようにしていきましょう。

 

 

 

ランチェスターとパレートの法則について

基本的ランチェスター法則【シェアパターン】

 

仕事をしていく上ではあんまり競合する会社が1社では有りません。
逆に何社もある場合の方が多いです。
そうしてランチェスター経営戦略上で言っている強者よりは弱者の会社の方が圧倒的に多いという事にもなるのです。
それにはパレートの法則というものが該当する様です。
たとえば競合会社が5社有ったとします。
その中で強者に生まれ変われるチャンスを得るのは上位2社で有ると思われるのです。
ナンバーワン戦略もそうですよね。
ナンバーワンかナンバーツーになって、小さい範囲で局地戦をやりナンバーワンの座を得るという事が重要だという事です。
けれどもナンバーワンの座を得るだけでは駄目です。
その先にどういう様に成長して出向くかも考えなければならないのです。
局地戦を制圧して、次の市場で局地戦に取り込む事が企業成長の為には必要になるのです。
これはイノベーションのジレンマによってベンチャーがイノベーションを起こした感じで、最初の市場を足掛かりにして、市場を広げて出向く事を視野に入れて活動していくしかないのです。

 

 

こんな局地戦をインターネット上で実行していく為には、質が良いユーザー用に拠点を作る事に見て取れると思います。
こんなユーザーは売り上げを貢献するのはもちろんですが、製品やサービスを他の人に伝えて出向く役割もします。
それを共感して購買に繋げる事も出来ますし、シェア率を決める効果も期待出来るのです。
そうしてランチェスター経営戦略を通じて出向く様になるのです。

 

 

 

ランチェスター経営戦略を簡単に言うと

基本的ランチェスター法則【シェアパターン】

 

弱者と強者の戦略から導き出される結論は7つあると言われています。
これがランチェスター経営戦略に関係している様です。
ひと度結論としては、敵と味方の兵力数の関係で勝負は仕上がるという事、兵力数と武器の性能によって戦闘力がまとまるという事、ある程度強者は弱者に対して有利な立場にいるという事、ランチェスター経営戦略には強者とくらい者の両方の戦略が有り、この2つは根本的に違うものだという事です。
敵と差別化を図る事で勝敗が仕上がるという事です。
アクセント集中攻撃はとても大きな結果を出すという事、局地戦と確率戦を賢く使い分けて実践して行くという事が必要となります。
こんな事が結論として導きだされるそうです。
では結論をはじき出す元となった2つの戦略をご紹介ください。

 

 

弱者の戦略についてですが5つの原則が有ります。
細長い範囲で局地戦をするという原則、一騎打ちになる様に組み込む原則、接近戦を展開する原則、アクセント集中攻撃をかける原則、陽動作戦を通じて相手を引っ掛ける原則が有ります。
強者の戦略についてですが5つの基本原則が有ります。
広域的範囲で総合戦を展開して敵が視界に入らない様にする原則、確率線を限界して集団型の戦闘方式をとる原則、商品量も兵力数も多数用意して短期決戦を企てるという原則、誘導作戦を取って敵を分散させるという原則が有ります。
ランチェスターは戦争から色んな事を調べて戦略法則を見つけ出し、後に第三者が販売においての戦略に入れ換えたのです。