イノベーションのジレンマについて

イノベーションのジレンマについて

イノベーションのジレンマと言うのはランチェスター経営戦略にある弱者の戦略と強者の戦略に対する事で有名です。
これは何なのかと言うと、優良で優秀なランチェスター経営を通している企業が有ります。
この企業は顧客の意見を正しく聴き、技術の向上、サービスの向上も積極的に行い邁進しています。
但しそういう企業が破壊的イノベーション前に1位の座を他社に明け渡してしまうのがなぜなんだろうという事を願い、クレイトン・クリステンセンというハーバード・ビジネス・スクール教授がその謎について解明しました。
それが本になり翔泳社刊から発行されている『イノベーションのジレンマ』が大ヒットとなったそうです。
この本の中それではランチェスター経営を通じている最大手が自分達が行っているマネジメントの質の高さが原因でジレンマが生じてしまうと説いているのです。
破壊的イノベーションと言うのは、既存の技術や質等よりもちっちゃいものなのだけれど、今までの顧客が満足できなかった機能を満たせる新技術で見て取れるのにも関わらず、大規模市場ではすっかり相手にされない、けど新市場を切り開ける様な変化が見て取れる、そんなジレンマを指しています。
こんなジレンマが生じてしまった最大手は、新技術自体は知っていてそれを商品化出来る様に色々策を練っているんだけれど、時期殆どだという結論に達してしまって技術自体が埋もれてしまうと言うのです。
市場が小さくなってしまうだけに、最大手にとっては大きな賭けになるので駄目なのかもしれませんね。

 

 

 

市場チャンスは逃さない様にください

イノベーションのジレンマについて

 

ランチェスターの法則を使ってランチェスター経営戦略を考える際は、自社が弱者なのか強者なのかを見極める事が心から重要です。
この見極めにはポイントがあるのですが、これを誤ったのがジャック・ウェルチという人になります。
GEをさる際、全ての事業に対してナンバーワンか、ナンバーツーになる様に指示していたと言います。
これは間違いだったと行っている様です。
何故ならこう言った事に対して、GEの幹部等はこれを達成するのに必死になり、市場を狭い範囲で定義付けする様になったのです。
その結果GEは色んなチャンスを失う事になり成長できなくなってしまったのです。
ナンバーワンになる為に市場を解体してターゲットを絞り込む事で、その市場を集中的に攻略出来るので成功する確率が高まって来る様になります。
ただしその地位を守り抜く為に策定する戦略と言うのは、稼げるかもしれない市場チャンスを逃す事にもなるのです。
そういった新市場において進出する時点では強者に生まれ変われる力が無いとしても、まさに経営をしていく上で実力が付いてきて強者に生まれ変われる事も少なくはないのです。
ですから常にナンバーワン、ナンバーツーの位置でランチェスター経営を通じて出向く事を望んでいるのならば、市場を狭めてしまうのでチャンス自体を取り逃して仕舞う事になるのです。
何よりいつも強者でいる為には、そういった機会や成長するチャンスを逃さないでいる事、ランチェスター経営戦略も短期的な事ではなくて長期的ものとして見積もる事、これが大切なのです。

 

 

 

ランチェスター法則をインターネット上で利用する

イノベーションのジレンマについて

 

インターネットはすでに私達の生活には欠かせないものになってしまいました。
そんなホームページでもランチェスター経営は成り立つのでしょうか。
ランチェスター経営を成り立たせるにはランチェスター法則を使いますが、弱者の戦略も強者の戦略もインターネットは使えます。
それでもどんなにインターネットでもどちらの戦略も同時に取り扱う事は出来ません。
それでも確率戦、遠隔線を経てから一騎打ち法則、接近戦に移行する様にしていくと良いと思うのです。
たとえばメルマガですね。
メルマガを発行して、その中で連載コラム等も載せておきます。
それに読者が問い合わせをしてきたり、意見を通じてきたりしたらそれを情報として集めていきます。
それに対して個別の対応を通じても良いでしょう。
これによりロイヤリティを高めて出向く事が可能になります。
無論市場の弱者強者と言った関係性だって関係は多少は有ります。
但しその関係性以上にSEO的観点でいう弱者強者の関係性が硬いという様なのです。
ターゲットとしようとしているユーザーが何に興味を持っているのか、何に関心が有るのか、こういう事を把握してSEOを通じていくのです。
それほどする事でSEOが出来る様になり、ホームページのショップもランチェスター経営戦略が出来る様になってきます。
そうしてインターネット上で強者という地位を確立していく様にすればいいのですね。
弱者の場合もこの手で一騎打ち戦まで持っていただける様にすればいいのですよね。