治験って安全なの?

治験って安全なの?

あなたはこれまでに、医薬品を服用したことがありますか?
「子供が熱を出した時は直ちに風邪薬を飲ませて、安静にさせている」
「腹痛持ちで、胃腸薬がないとお腹が痛くなって何も手がつけられなくなる」
など、日頃から医薬品に頼っている方はとても多いことと思います。

 

今では医薬品は、ジェネリックなど、生活において欲しい存在となってきていますよね。

 

でも、何事にもメリットとデメリットが兼ね備えられています。

 

それは医薬品もおんなじこと。

 

この場合は、厳しい効果を得られる代わりに副作用が生じる恐れがあるのがデメリットです。

 

頭痛や吐き気、眠気など、どれも良い気分にはなれません。

 

医薬品における効果や副作用を確かめるために、「治験」というアルバイトが存在していることをご存知でしたでしょうか。

 

治験は東京を中心に募集されてあり、新しく開発されたお薬を服用して入院や通院をし、経過を見守って出向くものになります。

 

依然として誰も試したこと乏しい薬を自分の体で試すわけですから、その分謝礼はかなり高額。

 

でも、何だか安穏が心配ですよね。

 

治験は国の基準に沿って作られた「治験実施プログラミング」によって、患者さんの体調を第一に考慮しながら慎重に進められています。

 

また、治験前に実施する事前検査では、患者さんの生体への安穏を確認しているため、危険な目に遭うリスクは無いのです。

 

でも心配という方には向かない仕事だが、極めて待遇の良いアルバイトと言えそうですね。

 

 

副作用はないの?

「これからちょっぴりお金が必要になってくるからお小遣い稼ぎをしたいけど、正直シフト通りに通勤するようなアルバイトはしたくない」
「ダブルワークは辛いけどお金が欲しいから、いまひとつ労力の要らないアルバイトは無いのかな…」
など、それぞれ簡単でそれなりに儲かるアルバイトを探しているのではないでしょうか。

 

お金は労力の代わりに下さるものだから、そんな都合の良い話なんて結局はあるわけないと思いますよね。

 

現にこうしたアルバイトがあったら、いやに話題になっていることでしょう。

 

但し、現に手軽でガッツリ勝てるアルバイトがないわけではありません。

 

中けれどもおすすめなのが「治験」。

 

治験では、新しく開発されたお薬を服用して入院や通院をし、経過を見守って出向くものです。

 

こちらは別に何もすることは無く、ただ検査にあたっていれば高額な謝礼が貰えます。

 

資格や学歴も関係なく、学生やサラリーマンまで誰でもOK。

 

これほど簡単なアルバイトは他にないでしょう。

 

ですが、ここで心配になるのが「副作用」です。

 

未だに誰も試したことのない医薬品を服用するわけですから、副作用が起きないか不安になりますよね。

 

本当は、治験を行う前に前臨床試験を行います。

 

そこでその薬の無事をしっかりと確認した上で服用して貰うので、副作用が起きるリスクは一生低いのです。

 

また、万が一起きてしまった場合それでも製薬製造会社側が負担できるので安心ですよ。

 

治験は主に東京を中心に募集しているので、都内にお住まいの方はどうしても参加してみてはいかがでしょう。

 

 

治験療養

あなたはこれまで、なにかしらの医薬品を服用したことがありますか?
「子供のころから体が軽くて、体調を崩してはすぐに薬に頼っていた」
「偏頭痛がなかなか治らなくて、今では頭痛薬で抑えている」
など、人それぞれお世話になっている医薬品あるのではないでしょうか。

 

薬によって貰える効果が違うのは当たり前のことですよね。

 

頭痛薬であれば頭痛に効く薬、胃腸薬であれば腹痛に効く薬、風邪薬であれば風の症状を緩和させる薬…。

 

でも、これらはどうして確かな効果や副作用があると確認されているのでしょうか。

 

それは、東京を中心に募集している「治験」というアルバイトに隠されています。

 

治験はまだまだマイナーなアルバイトのため、1度も耳にしたことがないという方も多いことでしょう。

 

治験とは、新しく開発されたお薬服用して、通院や入院をしながら効果や副作用の経過を見守って行くものです。

 

一時的に静養を送るのが一般的なのですが、治験による入院とは果してどんな1日を明かすのでしょうか。

 

予め、起床してからは尿検査と体重測定を行います。

 

それが終わり次第、朝食までの時間は自由行動です。

 

朝食は至って普通。

 

何も変わり映えはありません。

 

それからしばらくして、体温測定や血圧測定、心電図を測ります。

 

その後、採血が済んだら昼食まで自由行動です。

 

あとは殊に何もすることがないため、夕食を食べ次第消灯になります。

 

治験の静養と言うとなにか特別なイメージを持たれがちですが、何らこうしたことはないのですね。