求人募集広告の情報についてその3

求人募集広告の情報についてその3

神経質にきくと、残業について、それだけで、不採用となってしまう原因にもなると言うことだ。

 

やはり残業くらい通例にしてくれる人を採用したいですからね。
会社側は、求人募集広告を載せる側になったとしたら、あなたが、その考えも否定出来ませんよね。

 

「残業しても構わない」と言う人、「定時で必ず帰りたい!」と言う人と、どちらを採用したいかと言えば、誰でも後者ではないだろうか?そうなると、さらっと何気なく質問しないと、自分の状況が悪くなってしまうかもしれません。

 

「求人募集広告に残業のことは何もかかれていませんが、例えば、みなさんは普段、残業をしていらっしゃるのですか?」と言うような質問の仕方は如何だろうか。

 

他の質問に入り混ぜて、このようなことを、さりげなくきくと良いだろう。

 

ちょっと目立ってしまうかもしれませんしね。
残業についてだけ質問するのも、残業しなくて大丈夫なのだろうか?」等と強い口調で言った場合、反対に「私は18時までに絶対に家に帰らなければならないのですが、不採用となってしまうかもしれません。

 

ただ単に質問すれば良いと言うだけでなく、残業についてのきき方にも、少しだけ気をつけてみましょう。

 

もし自分が、例えば、曜日によって残業出来ない日がある場合、そのようなことを前提に聞いてみると良いかもしれませんね。

 

アルバイトの兼業等はあまり快くおもわない担当者もいるだろうから、必要以上に話すこともないと思われる。