メルマガの活用

メルマガの活用

インターネットを使っていよいよ商売を始めようと思った時、得する商売を行うための大事なポイントがあります。

 

それはいかにして顧客を確保するかです。

 

インターネット上で商品を売り込みました、するとすぐに商品が売れていくとこんな旨い話はありません。

 

いかにしてみんなに自分の商品を見て味わうか、アクセスしてもらうかがポイントなのです。

 

 

そこで活躍するのがメルマガです。

 

多くの人が一度はどこかしらのショップから宣伝メールが送られてきた経験があると思います。

 

メルマガは過去にその商品に関係する他の商品を購入したい人や、閲覧したことがある人など、興味のある分野に関してメールが送信されてきます。

 

メールに登録する際に事前に興味のある分野にチェックをいれている場合もあるので、当然その人の興味がある内容のメールが行きつくわけです。

 

これでかしこくビジネスに関する情報を送信できるかどうかで稼げるかが決まるわけです。

 

 

得する商売をしたいならば、安い仕事量で大きな成果を上げなければなりません。

 

メルマガもさらにおんなじ顧客ばかりに送っていてもそれ以上の広がりは見せませんから、いかにして購読者を増やしていくかもポイントとなるわけです。

 

これには無料のレポートスタンドを利用するといいです。

 

売りこみたいというジャンルに関してみんなの興味を所持して読んでもらえるようなレポートを作ります。

 

そうしてそのレポートを無料のレポートスタンドに登録すると、同じジャンルのレポートを呼んでいる読者に紹介してもらえて、そこから読者が急激に増えるというわけです。

 

インターネットをかしこく活用して多くの顧客とコンタクトをもらえるようにしましょう。

 

 

 

薬剤師

最近注目されている職業に「薬剤師」があります。

 

薬剤師は稼げる商売であり儲かる資格であるとして評判になっているのです。

 

薬剤師というのは、病院や薬局などに勤めて医者が処方した薬を調合して販売したり、製薬会社の研究所などで薬の研究開発を行ったり、保健所に勤めたり、保険関係の事務を行ったり様々な仕事の道があります。

 

ますます最近では専門的な組織だけではなく、スーパーやコンビニなどでも薬剤師は必要とされています。

 

それはスーパーやコンビニなどでも薬剤師を配置していれば医薬品を扱えるようになったためです。

 

不況で就職先もどうにも見つからない現代において、これだけ専門的な仕事に道が開けているのはそれだけでも極めて貴重な仕事だと言えます。

 

就職の道がたくさんあり安定していること、本当に仕事がなくなる心配も乏しいことから稼げる商売と言われているのです。

 

 

薬剤師になるには薬剤師の資格をとらなければなりません。

 

薬剤師の資格は、意外と薬科大学など薬剤の専門大学において専門課程をすべて終了して、もう一度その後国家試験に合格しなければなりません。

 

昔は4年間薬科大学の過程をすべて終了していれば、資格を取得できたのですが、最近では薬に対して世間の目が厳しくなり、専門的な知識を再度必要とするようになったことから制度化されたのです。

 

そのため今では薬剤師になるためには医師と同様に6年間大学に通う必要があります。

 

このため薬剤師の要望は高まっているものの不足していて、どこへ行っても引く手あまたということで稼げる商売として注目されています。

 

 

 

公認会計士

資格を持っていることがものを言う現代において「公認会計士」という資格はとても魅力的です。

 

公認会計士は儲かる商売だとイメージしている人も多いと思います。

 

公認会計士といっても、勤務したてのころの年収は低めになっています。

 

でも世の中の一般のサラリーマンよりは厳しい年収がもらえるそうです。

 

 

公認会計士になるには試験に合格してその後「会計士補」としてキャリアを数年積まなければなりません。

 

この時点で会計士補の年収は約500万円です。

 

その後正式に公認会計士として登録されると、平均年収は約650万円になります。

 

この時点でも一般的なサラリーマンよりは得する商売と言えると思いますがもっといまだに上があるのです。

 

 

大手監査法人に勤めているとすれば経験とともに年収はグングン上がっていきます。

 

公認会計士を5年ほどしたら年収は約900万円になります。

 

その後中間監督になることには年収は約1,300万円になります。

 

 

公認会計士は独立する人も多いのですが、独立して成功すると年収が億単位になる人もいるそうです。

 

どんなに公認会計士が儲かる商売であるかをわかっていただけると思います。

 

もちろん独立すれば顧客を新たに自分で獲得しなければならないという大変さもあります。

 

 

各企業にとって会計を行うことは必須作業であり、財務のスペシャリストである公認会計士は必要な存在です。

 

経験豊富な公認会計士を重要なポストで採用しようと求人する企業もあります。

 

このような場合年収は1,000万円から3,000万円とかなり高くなります。

 

公認会計士は転職がしやすいので、仕事がなくなることもなく安定した職業なのです。

 

 

 

副業違反

サラリーマンが得する商売を特に副業としてしまった場合、これは副業違反になるのでしょうか。

 

稼げる商売を本業とするのか、副業とするのか予め一番に練り上げることです。

 

最近は副業として行っている人の方が多くなっています。

 

副業といっても、サラリーマンが仕事以外の時間を通じて行なう場合、主婦が家計を支えるためにパート感覚で立ち向かう場合など様々なタイプがあります。

 

この場合副業を見い出す手段からには、求人情報をチェックする、ハローワークに通うなどして見出すことになると思います。

 

ただし現実にはまずまず条件の見合う仕事が見つからないと思います。

 

副業なので1日にたった数時間働いてひと月で数万円をもらったとして、運賃や雑費、食事代などペラペラ引くと比較的残らないような気もします。

 

このようなことからするとネット会社はかなりキュートだと思います。

 

ネット会社とは、ブログやFX、ネットオークションなど様々あります。

 

問題はこれらで儲かった場合にどうしてするかです。

 

 

ともかく税金の問題があります。

 

サラリーマンが副業する場合、会社自体が副業を禁止して副業違反にあたって仕舞うケースがあります。

 

また副業できたとしても副業で20万円を超えたら確申をしなければなりません。

 

会社に内緒で副業していたとしても、確申した時点で会社側にバレてしまいます。

 

ただし仮にこの副業がFXや株取引などの場合は、副業違反にはならないようです。

 

なぜならばこれらは飽くまで資産運用であって仕事ではないからです。

 

そのほかのアフィリエイトやドロップシッピングなどの場合は仕事とみなされるので注意が必要です。

 

 

 

勝てる資格

不景気の世の中だからこそ、資格が著しい。

 

得する商売をするには、得する資格を携帯していることが一番です。

 

稼げる資格とは、ハードルが高くて資格保持者が少ない資格です。

 

ハードルが悪いと多くの人が資格を保持して仕舞うことになり、取り分が勿論減ってしまいます。

 

ハードルが大きいものには一部の人しかチャレンジしないので、資格取得後は就職先が引く手あまたというわけです。

 

 

得する商売、勝てる資格と言えば、医者や弁護士、司法書士や公認会計士、行政書士、社会保険労務士などの「士」とされるものです。

 

別に医療系の資格、医者や薬剤師やナースの資格を携帯していればあちこちから求人がきます。

 

報酬も資格手当も含めてかなりの金額になると思います。

 

但し報酬が多ければ多いほどもちろん儲かることができるハードルも高くなるわけです。

 

資格取得をするのにもまったく時間を要することになります。

 

そこでそこそこの資格でそこそこの収入を得られる医療事務などの資格が人気となっているわけです。

 

このような状況から楽して儲かるということはなかなか困難です。

 

資格というからにはその道のプロであり、それに合う収入を得ているわけですから、一体全体儲かると言っていいのか何とか疑問が止まるところです。

 

ただ取得しておいてまるっきり損はない将来有望な資格ばかりです。

 

将来転職を考えるとき、あるいは産後に社会復帰を考えたときなど、資格はないよりも当てはまる方がより優位な環境なはたらくことができます。