得するための原則

得するための原則

儲かる商売をするための原則があるそうです。

 

本当かうそかはわかりませんが、信じてみないことには何も始まりません。

 

それでは信じてついに見ることも大切なことかもしれません。

 

 

得する商売には4つの原則があります。

 

一部目は利益率の厳しい商売を選ぶことです。

 

2つ目はなるたけ在庫を抱えないで済む商売を選ぶことです。

 

3つ目は毎月決まって定額収入を得ることが出来ることです。

 

4つ目は商売を始めるときの資金が少しで済むこと、大資本を必要としない商売を選ぶことです。

 

 

以上の4つをすべて兼ね備えた商売が勝てる商売なのです。

 

人手もそれほど必要とせずに、在庫を抱えるというリスクも無く、定額収入を得ることでキャッシュフローが成り立ち、元手が乏しいので始めやすいということで納得出来る条件ばかりです。

 

もし失敗してしまったとしても、リスクがつまらないので大きな借金を背負う危険性も乏しいです。

 

今の世の中この条件を満たしている商売が意外に手広く存在しています。

 

 

たとえばインターネットが普及して多くの人がネットによる商売を始めました。

 

個人で商売を始めた人や、従来から店舗を構えていたアパレルや雑貨屋さんなどが多少なりとも皆に買ってもらおうとネットに出店しています。

 

ネットでは店舗を持たずに商売が出来るので、賃貸料などの出費がありません。

 

賢く活用すれば簡単に儲かる商売を始めることが出来るのです。

 

このような時代背景によって昔よりも現代の方が商売を始め易い環境にあるのです。

 

 

 

最近の仕事

昨今において、得する商売は多々考えてみると断然インターネットによる仕事が一番だと思います。

 

なぜならばインターネット環境さえ確保できていれば、日本中、世界中の人達と接点を持っていることになるからです。

 

はるばるカスタマーのもとにこちらから出向いて商売しなくても、パソコン上で操作するだけで色んな需要を持っている人たちに様々な商品を売りこむことができるのです。

 

 

そこで感じ取るのがインターネットを使ってどのように儲かる商売を行うかです。

 

インターネットによる勝てる商売といえば、ブログやホームページやメールにて立ち向かうアフィリエイトが一番に思い浮かびます。

 

自分でものを宣伝して売りこむのが苦手だという人には、グーグルアドセンスを使うと便利です。

 

ホームページに広告やブログをリンク貼り付けしておくだけで、そこを誰かにクリックしてアクセスしてもらうだけで収益を得ることができるのです。

 

勝てる商売は人々の需要を喚起するだけではなく、FXにて株式資産を賢く運用して利益を得る方法もあります。

 

運用方法さえ上手く行えば資産をサクサク増やせると思います。

 

 

最近流行りの儲かる商売をさがしたい場合、インターネットで口コミをこまめにチェックするのもひとつの方法だと思います。

 

最近では口コミやツィッターなどで多くの人がネット上でつぶやいています。

 

みんなの意見を訊くことができるので、中には本当に貴重な情報があります。

 

始終情報収集を通じていることが大切です。

 

 

 

職種

今度は儲かる商売の職種について考えてみます。

 

職種で比較するときに何を基準として見るか、それは何より職種別の年収だと思います。

 

働き盛りの35歳から39歳を平均年収で比べてみると、勝てる商売の第1位は投資銀行です。

 

年収は約1,300万円です。

 

続いて第2位はファンドマネージャーを始めとする運用会社の自身です。

 

年収は約1,000万円です。

 

第3位は銀行の営業でしかも法人セールスマン者です。

 

年収は約830万円です。

 

第1位から第3位まですべてがお金にからむ仕事です。

 

お金にからむ仕事を通している人たちは、まさにお金のプロフェショナルなのです。

 

お金を繰り返すことはプロの自身というわけです。

 

そうして4位以降は企画系の業種やコンサルタントなど頭を使って立ち向かう職種がランクインしてきます。

 

つまり得する商売というのは、上手くお金を賄う業種、頭を使って動く業種ということになります。

 

今後仮に転職する機会、あるいは就職する機会があるとすればこれらを念頭において考えてみて下さい。

 

 

ただ単純に「この仕事は儲かります」とうたっている文句には十分注意してください。

 

多くの場合はインチキな話が多いです。

 

世の中にはこのような話があふれています。

 

果たして得する商売をどうしても簡単に他人に伝えるのかとまずは疑ってかかる必要があります。

 

そういう中本当に得する商売の話もあるかもしれません。

 

その際の見極めのひとつの手段としては、他人による評価、レビュー、口コミなどがあるかどうかで判断します。

 

このような第3者的立場の人間の評価において判断すると良いと思います。

 

ただ中にはこのレビューもやらせの場合がありますから注意してください。