古本の売買

古本の売買

個人でいらなくなったものを販売したり、他人がいらなくなったものを購入したり出来るネットオークションが広がりを見せている現代においてこのネットオークションを活用した勝てる商売があります。

 

それが古本の売買業務です。

 

 

昔は個人が商品を販売する手段などなかったものだから、古本は古本屋へ売りに赴き、不用品は古物商に売りに出向くといったことが当たり前でした。

 

本のリサイクルを通している最大手が「BOOK OFF」です。

 

最近は店舗数を増やしていていたるところで目にするようになりました。

 

BOOK OFFで本を買うといやにお得に読みたい本を貰うことが出来るのですが、ただ逆に買い受け依頼に行った場合、はなはだ安価な値段で買い取られてしまいます。

 

1回しか呼んでいない折り目も汚れも薄いきれいな単行本が1冊10円〜100円など全く安くてガッカリします。

 

 

そこで活躍するのが、ネットオークションです。

 

ネットオークションでは個人でスキな値段を設定して、直接購入者とやりとりすることができます。

 

最近この仕組みにおいて、得する商売を通している人が数多くいます。

 

そのからくりは、BOOK OFFなどで安くてきれいで売れそうな本を購入します。

 

それをネットオークションなどで購入した価格に利益分を足した価格設定を通して出品します。

 

古本屋に導くよりもとてもお得な値段で並べることができます。

 

また最近ミリオンセラーなどを調べてからそれを探して買うようにするとますます儲けをすごく得ることができます。

 

BOOK OFFなどでは最近流行りだとか売り払えるかどうかによって価格設定を通していません。

 

ですからだいぶ高い値段でネット業界では流通している本が格安で販売されていることも思い切りあるのです。

 

それをどんなに探し当てるかがこの商売で売り上げることが出来るかのポイントです。

 

 

 

副業

日頃は会社員として働いているけど、それ以外にも収入を得たいとしている人は多いと思います。

 

殊更不景気となった近年、給与も毎年鎮まり続けてボーナスもでない企業もあり家計はつらく陥るいっぽうです。

 

このような時代背景もあり副業を通している人はたくさんいます。

 

 

副業で勝てる商売をするにはどういうことに気をつければいいのでしょうか。

 

副業を通して得する商売を長く続けていくポイントとしては、予め開業する際に多額の資金を必要としないこと、経費も手広くかからないことが大切です。

 

飽くまで副業なので、家計をさらに圧迫させたり、あるいは副業に失敗して多額の借金を背負ったりするようなリスクは除けなければなりません。

 

 

また副業で一際大切とも言えるのが、断然時間です。

 

本業の邪魔にならない程度、時間の拘束をされない仕事がベストです。

 

そうして3番目の条件として、その副業が家族や自分の傍を巻き込まないことです。

 

副業は自分個人でやれる範囲のものにするべきです。

 

 

このような条件を満たす副業として最近人気なのが、アフィリエイトです。

 

自分のスキな時間に行なうことができますし、資金も必要としません、ウェブなどで商品を紹介しているだけで月に何万円もの収入を得ることも出来るのです。

 

勿論商品を売れば並べるほど利益も高くなるので、賢く魅せるコツなどもありますが、そこまで難しいものではありません。

 

先ほど述べた条件をすべて満たす副業と言えるでしょう。

 

 

 

レンタル家具店

アメリカなどではレンタル家具店が多く存在しており、レンタル業者のショールームへ行くと年代ものの家具など様々な家具をレンタルすることができます。

 

ますます予算を伝えてその予算の範囲内でトータルコーディネイトしてインテリアを揃えてもらうことも出来るそうです。

 

日本ではまったく物珍しい家具のレンタル、これは勝てる商売なのでしょうか。

 

 

最近は豊かになりすぎてものが余る時代です。

 

このような時代においてレンタル業は環境にも手厚く、懐にも優しくていいと思います。

 

日本には中古品を立ち向かう古物商は数多くあるものの、レンタルサービスを専門にしている業者は少ないです。

 

 

たとえば1年間だけという期限付きで東京に単身赴任するサラリーマン、大学の4年間だけひとり暮らしをするという学生などがいたとします。

 

彼ら、彼女らが単に数年だけのために、生活するための家財道具を一式すべて備え付けるとなるとかなりの費用と時間がかかります。

 

そうして今度は単身赴任が終わって家族の待つ家に戻るとき、あるいは大学を卒業して実家に戻り、一式揃えた家財道具がすべて無駄。

 

これはとても不経済なことです。

 

このようなときに月々の利用料を払うだけでこのような家財道具をレンタルすることができれば誠に便利だし、レンタル業者側も毎月収入を得ることができます。

 

エコが叫ばれているこの時代に本当に合っているサービスだと思います。

 

今後利用者が増えて要望が高まっていけば、十分に稼げる商売だと思います。