レンタル自転車ビジネス

レンタル自転車ビジネス

環境にやさしくてエコに貢献しながらも儲かる商売、それが「レンタル自転車」会社です。

 

昨今は地球環境を保護するために二酸化炭素削減を世界中で実施しています。

 

いまや二酸化炭素は大気汚染もの質として公式に認められたものなのです。

 

自動車や発電所など二酸化炭素をたくさん排出しているものの排出規制を行おうと世界で提言されました。

 

世の中の流れにのって勝てる商売を考えついた人がいます。

 

 

自動車ではなく自転車によって貰う会社。

 

それがエコにもつながり儲けにも陥るのです。

 

少々乗れるのに廃棄されている自転車はたくさんあります。

 

これらを修理して乗れるようにして、人々が集まりそうな駅やスーパー、病院、大学などに設置します。

 

そうして安価な料金で自転車を貸し出しするのです。

 

ただしこのレンタル自転車代金だけでは儲けは微々たるものです。

 

 

そこで感じるのがスポンサーの利用です。

 

世界中が国をあげて二酸化炭素削減を通している中、日本も二酸化炭素削減目標を掲げて企業にも目標設定を通して協力を依頼しています。

 

そこで企業側としては二酸化炭素削減を通しているに関してにもなるし、エコに取り組んでいるということで企業イメージもよく、一層広告効果もある素晴らしい方法があります。

 

それは自転車にスポンサーのコマーシャルを兼ねてステッカーなどをくっつけるのです。

 

みんなに利用されるレンタル自転車なので、駅前などに自転車が置いてあるだけでもみんなの目にそのステッカーがとまります。

 

企業としても安価な費用で多大なメリットがありますし、レンタル自転車を提供している側もスポンサーから広告料を得ることができて大層とも儲かる商売です。

 

 

 

ブランド品レンタル

楽しい商売を通じている人がいます。

 

ただしこれが儲かる商売なのです。

 

それは自分が保有している高級ブランド品の数々を他人に時間貸しを通じてその料金を受け取っているものです。

 

これとすれば1人でも開業することができます。

 

もうブランド品を所持している人は多くいます。

 

そうして所持していてもずいぶん活かしきれないのが現状です。

 

日常の生活の中で所持しているブランド品を毎日コンスタンスにすべて使い回せている人は少ないと思います。

 

それを利用した勝てる商売なのです。

 

 

開業するときのポイントとしては、誰にでも気軽に貸すのではなく会員制として入会金なども得ることです。

 

得する商売のポイントとしては、初期投資をしすぎないことです。

 

割高ブランド品バックをたくさん仕入れてその後事業に失敗したら一大借金を背負うことになります。

 

多少なりともそのリスクを回避するために、不要になったブランド品をレンタルすればいいのです。

 

 

そこで考え出されたのが会員からブランド品を寄せるという仕組みです。

 

会員になるための条件として、不要になったブランド品を提供することという条件をつけます。

 

するとその人にとって不要でも他の人にとったら魅力あるブランド品ということはよくあります。

 

他の人がレンタルをしたら、店側だけではなく渡した会員にも何パーセントかのマージンが混じるようにしておきます。

 

こうするとみんなが得をすることができます。

 

会員のほとんどがいよいよ女性になっているそうです。

 

 

 

FX業者

最近流行りの「FX」、このFXを取り扱う業者が稼げる商売として人気急上昇となっています。

 

FXの専門業者と言えば何しろ本来株売買を取り扱っている証券会社や金融会社などです。

 

最近はインターネットバンクなども着目して続々と参入しています。

 

こんな中再度最近ではレンタルビデオ会社などもこのFXに着目してFX業者に名乗りを上げているそうです。

 

つまりそれだけ儲かる商売ということです。

 

 

FX自体、儲けがでれば相当大きな額得をすることができます。

 

FXとは単純にいうと株の売り買いを操作してその買ったお金と売ったお金の差額を儲けということになります。

 

FXは個人が家庭のパソコンなどからでも気軽に望めるところに魅力があります。

 

その際、FX業者に登録していなければ、FXを行うことができないのです。

 

 

ただしこのFX業者は名乗りをあげれば生まれ変われるというものではありません。

 

金融商品取引法という法律によって、第一種の金融商品取引業としての登録が必要となったのです。

 

登録するためには純財産額が5,000万円以上必要で、自己資本規制比率は140%以上ととてもおっきい条件をクリアする必要があるのです。

 

 

金融業界以外から最近FX業者に参入したものとすれば、IT系の企業が目立ちます。

 

「カカクコム」や「サーバーエージェントFX」など最大手が参入を果たしています。

 

NTTグループの「NTTスマートトレード」などもあります。

 

多くの企業が注目しているビジネスです。