出張ペーパードライバー仕事

出張ペーパードライバー仕事

独立開業してエライ勝てる商売に「出張ペーパードライバーの教習仕事」があります。

 

免許は所持しているけど、何だか運転する機会がなくて教習所以来運転をせずにペーパードライバーになってしまった人。

 

子供が生まれて運転する機会が増えた、苦手な道路事情によって運転に自信がないからなど運転を苦手としている人は数多くいます。

 

そんな人々をターゲットにした勝てる商売が「ペーパードライバーの教習仕事」なのです。

 

 

依頼したお客の車を使って教習車として、運転技術を告げるのが仕事です。

 

自動車教習所ではなく、このペーパードライバー教習仕事が人気の理由は次のことが挙げられます。

 

前もって入所金がなくてお得なことです。

 

教習所の場合入所金だけで、4万円から5万円くらいかかりますが、こちらでは入所金がないのでこれだけでも一際お得になるのです。

 

次に教習を希望すればいつでも自分の都合で教習を通して下さることが挙げられます。

 

教習所の場合は繁盛期にはペーパードライバーの教習を通じていません。

 

次に使用する車がマイカーで出来るということも大きな点です。

 

教習所では教習車で運転しますが、教習車からマイカーに取り替えるとその違いで運転しがたい点なども生まれるからです。

 

次に教習時間を希望した分だけスキな時間受講出来ることもうれしいポイントです。

 

教習所の場合は1日2時間までしか受講することができませんし、時間も教習所の時間割り方あわせなければなりません。

 

少なく上手く追い求める人には最適です。

 

さらに指導方法も教習所の場合は、教習所時代に習っていたことの延長的指導ですが、こちらではプラクティカルに個人に合わせた教習内容を通じて貰える。

 

 

このようにきめ細やかなサービスが人気の理由です。

 

最近急成長を遂げているビジネスそれで、今注目の儲かる商売だと言えるでしょう。

 

 

 

マイカーリースビジネス

最近日本も何とか注目されてきた稼げる商売「マイカーリース会社」とどんなに名付けますが、アメリカなどではとっくから行われているビジネスです。

 

従来会社それでは営業車をリース契約して社員に使わせていました。

 

但し会社が営業車をリースするにはかなりの費用がかかります。

 

なので、平日仕事を通じているため社員はマイカーとしていないことを利用して、では平日にマイカーを会社で使おうと考えたのです。

 

従来は会社所有が当たり前だった営業車、当たり前を逆手にとってこの稼げる商売は成り立っているのです。

 

 

個人のマイカーによる会社それで、経費も一切かかりません。

 

一気に儲けとすることができるのです。

 

会社が営業車を保有すると様々な費用がかかります。

 

たとえばリースしている車両台数分の車両代、掛け金、どんどん自動車税や車検代など莫大な費用がかかります。

 

たとえば企業が50台の営業車を5年間リース所有していると1億円間近い費用が発生するのです。

 

この分の費用を削減することができれば、会社側は莫大な経費削減をすることができ、社員側もマイカーを提供しているので相当の対価を得ることができます。

 

たとえばガソリン代や修理代、自動車税や掛け金など会社に負担受け取れることでいやに家計が助かります。

 

 

このようなマイカー利用を通している企業に対して走行距離や距離数を対価で計算するなどのレポートを毎月提出しているのが、今回ご紹介する得する商売なのです。

 

社員の走行距離を社員ごとのレポートを作成して提出するだけのいたって簡単な仕事です。

 

データを入力して印刷して提出するだけで、1社につき約5万円もらったとして、10社と契約すればもはや50万円の儲けなのです。

 

これからの時代再度発展して出向く注目の会社だと思います。

 

 

 

モニター会社

最近流行りの商品モニター、インターネットが普及した今あちこちで行われています。

 

これがやけに稼げる商売なのです。

 

 

たとえば食品モニター会社の場合、食品を作っている製造会社から試作段階の商品のモニターによる試食を通してその結果を報告するという仕事があります。

 

食品製造会社にとって、商品企画や開発はやはり力を入れるところです。

 

莫大な費用と年月をかけて1つの商品を生み出しているわけですから、出来上がった商品が売り払えるかどうかはとても大切なことです。

 

そのために社内の人間ではなくできあがった試作を客観的に見ていただける人が必要なのです。

 

なのでこのようにモニター調査を行っている会社の要望が高くなり、あちこちの会社で利用されるようになり、今儲かる商売として注目されているのです。

 

 

商品が売り払えるかどうかはその会社の今後を決める、存続をかけたといってもいいくらいの大事なことです。

 

それを社員だけの味見、感覚で世に出すには一斉勝負というもので、はずれて下手したら倒産なんてこともいらっしゃるのです。

 

このような危機感、要望を狙ったのがモニター会社で勝てる商売なのです。

 

 

モニター会社も今は情報化時代でインターネットやモバイル携帯が普及していますから、モニター募集を簡単に行って簡単に集客することができます。

 

モニター会社はさほど企業側にもモニタリング依頼の仕事がないか、商品提供会社をさがさなければなりません。

 

数多くの会社にDMを送っておけば、どこかしら仕事の依頼を受け取るものです。

 

このモニターと商品の二つがそろえばOKです。

 

あとはモニターを集めて見本を試作してもらいます。

 

味だけではなく、パッケージは何とか、価格は手ごろか、作り方は何とかなど様々な観点でチェックを行います。

 

あとはアンケート結果を集計してレポートを企業に提出すればOKです。

 

 

 

住宅調査仕事

近年、住宅を購入した人が様々なトラブルに巻き込まれるというニュースが多くなっています。

 

たとえば欠陥住宅を買わされてしまったとか、欠陥住宅を建てられてしまったとか、土地の地盤が悪くて家が傾いてきてしまったとか、耐震補強がされていないマンションだったとか、構造に欠陥があったなど必ず多くのトラブルがあります。

 

 

また住宅自体には欠陥がなくて、住宅環境に欠陥がある場合もあります。

 

それは住んでみて知ることなのですが、ニュースも話題となった「布団おばさん」のように近所に迷惑者が住んでいるとか、交通量が多くなると道路の振動で家が震える。

 

大雨の日には家の前の道路が川になってしまうとか、季節が冬になると極端に日照が悪くなり陽がなかなか当たらない。

 

鳥のフン被害が至極悪い地域だったなんてこともあります。

 

 

数千万円もする一生の買いものである住宅が一瞬のうちにして価値のない存在になって仕舞う。

 

このようなトラブルに注目して得する商売を通じている人がいます。

 

その稼げる商売とは「住宅調査ビジネス」です。

 

 

家の購入を検討している購入予定者に代わって、事前にできるだけ住宅に関する情報をかき集めるのです。

 

住宅はやはり、住宅環境も大切なポイントです。

 

その住宅場所を中心にその周囲もありとあらゆる情報収集を行います。

 

このようなサービスを利用することで、今し方あげたようなトラブルはすべて未然に防ぐことができます。

 

住宅調査官は、平日と休日の2日間調査を行います。

 

やはり時間帯も朝、昼、夜とすべて行います。

 

家を施工する建築業者や設計士などについても信用調査をします。

 

あとは依頼者にレポートを提出すればOKです。

 

 

依頼者はこのレポートをみて住宅を購入するかどうか検討することができます。

 

そうして購入を決定した後は、定期的に建築ものの写真を撮ったり、設計士と確認作業を行ったり、現場に差し入れをしたり、近所へのあいさつ回りを代行したりもします。

 

あなたは一生の買いものをわずかな費用を支払うだけで安心して購入することができるのです。