言い方を人によって仕切る性格は危険です

言い方を人によって仕切る性格は危険です

ことぼ遣いが急に入れ替わる人がいるからには印象は最悪かも知れません。

 

人によっては態度を変えたり相手を見て言い方を変化させたりするタイプの人は最悪です。

 

なぜならば相手を見て自分と比べたりして言い方を変化させていくからです。

 

それは相手を選んで差別したり区別したりして勝手に位をつけているタイプの人には多く見られます。

 

本当に自分が相手に合わせて言い方を変えたり態度をコロコロ変えていることが原因で関係が破たんするかもしれません。

 

自分は普通の言葉としているとしていても実際には相手の人に気持ちや印象を腹黒い意味でつたわざわざいる可能性があります。

 

悪い意味で伝わっているかもしれない言葉の誤解を開くためには自分が誤解を達するかもしれないですね。

 

そういった大笑い誤解を生まないためにも言い方はみんなに平等で同じ平等の言い方を通じて出向くほうが良いですね。

 

相手に合わせて言い方を変えたり自分の気持ちの表現方法を勝手に差別的に変化させたりしたらさすがに人間関係がダメになります。

 

言い方を治すからにはきちんとした気持ちで相手と向き合って直して出向くほうが得策です。

 

相手の方に自分の気持ちがきちんと向かない状態で自分の思ったことばっかり言って人のいうことを受け流すような言葉のわからないひとはどうしてすることも出来ません。

 

ただし若い年齢のうちからなら言い方も訂正したり矯正するチャンスがありますからなるべく教育的に教えて行くことが必要です。

 

言葉のマナーなども同じです。

 

 

言葉遣いは身近な日常で直して行く

日常的に使っている言葉にはきっちり濃い意味があります。

 

意味をちゃんと分けまえて遣う必要があります。

 

例えば私の親戚の誰かさんにあった低い例ですが葬儀会場のすぐ近くで妙な言葉をつかったそうです。

 

その一言が原因でかなりの苦労を味わったそうです。

 

その苦労の原因なった言葉を聞いたことはありません。

 

人に言えないほどの言葉を遣ったそうです。

 

この例のように後になってからえらい苦労を食らうように終わるために「言語トレーニング」を通じて訓練を重ねて人と喋れるようにしてく必要があります。

 

人の中に出て得る言葉には物珍しいものとか綺麗な表現とかがたくさんあります。

 

綺麗で可愛い表現が出来る言い方にはそれぞれ遣うべき場所と状況があって選ばれているのですから、言葉を使う側は状況や場所や空気を当てる力があってその全体の様子にぴったりと当たるように発することが出来るものだと私は思います。

 

本来全体の様子を見て話ができたり言い方が安定するはずです。

 

それが空気がよめずに言い方が随分出来ない人は少しだけでも何かしらの訓練を限るかもしれません。

 

訓練を重ねていくうちに自分がやっぱ言い方で苦手な部分が浮き出るはずですから、空気を読んで話が出来るぐらいを目示しましょう。

 

挨拶もそうですし普通の会話もそうですから日常的コミュニケ―ションや会話も必要です。

 

誰かと話をする習慣を身に付けていくようにください。

 

近距離と語れるようにして言い方を練習していきましょう。