言い方を変えてみてわかること(感情表現)

言い方を変えてみてわかること(感情表現)

言い方ひとつでも命を救うこともあります。

 

相手の人情や考え方に変化を加える言い方があると思います。

 

他人の心を思いやる言い方と相手の心を考えることで感謝する言い方があります。

 

自分が愛する言葉を終始扱うのも良しです。

 

愛する言葉から相手の心に生きる思いを込めて遣う言葉には重みがあります。

 

自分が使った言葉がどんな風に聞こえたのかな?と考えると楽しみになって来る。

 

気持ちを表現するための一言ですからぐっと奥の濃い感情を込めていきたいですね。

 

無理な強引さと押し切りの感情は言葉に表しても嫌がられてしまいます。

 

断じて気持ちを表現する方法が分からなかったり自分が何を言っているのかわからない時は書き出しの効果で自分の気持ちを書き出していきます。

 

自分がどういう気持ちなのかを書き出しながら一番伝えたい思いを見つけて報ずる練習をします。

 

それを一言でまとめると「大スキ」とか「有難う」にかわって行くかもしれません。

 

その一言が大切なのです。

 

これが言い方を治すために助かる1つの方法で感情表現といいます。

 

感情表現をするために自分の気持ちを一言でまとめられるようにしていくのです。

 

自分の気持ちが1つにまとめられることで「何を言ったら良いのか」が分かっていきます。

 

言い方を正すためには感情を整理したり気持ちを表し易くしていくことの方が先ですからでは書き出して整理します。

 

感情や心構えが出来てきたら次は言葉を考えて相手に向って一言打ち出して見てください。

 

 

たくさんの出会いで言葉遣いを治す

仕事を通していることで言い方が綺麗になることがあります。

 

仕事を通してお客様と会って話をしたり言い方を考えて話を上手にするときに感情と心をこめていると思います。

 

相手が何を言っているのかをしっかりととらえているから話の内容が理解出来て言葉の意味が判るのだと思います。

 

言い方はそうした触れ合いのなかで成長して発達して身に付くものだから自然体で学ぶのが一番です。

 

無理な小細工をしたり大笑い仕掛けをしたり台本を読んだりするのはかなり危険です。

 

それを続けると実に言葉がマニュアル化してそれほど内面で表現できなくなってきます。

 

その特徴例が標準語を使うところです。

 

なんだか標準語。

 

人は方言で喋っているけれどなんだか標準語を使っているというその他との違いがあるなら注意してください。

 

自分が他のみんなと違う方言を話している標準語で喋っていることがあるなら注意が必要です。

 

あまり年甲斐標準語や年甲斐敬語を使うと「慇懃無礼」になって逆効果です。

 

できるだけ普通に自然と語れるように姿勢を整えて呼吸を整えて話しましょう。

 

できたらほんとに皆たちとの出会いを設けることから始めて、その多くの出会いの中で自然と言い方を覚えていくようにください。

 

スキな話題を話すのもいいですし苦手な話題を話すのも良いですから、たくさんの出会いと会話を重ねて言い方を覚えていきましょう。

 

英会話で海外の人との会話の仕方を覚えるのも良しです。

 

できれば、自分を隠さないで素直に表現する気持ちで話をすることです。

 

それが言い方の基本になっていると思います。

 

気軽に乗り出していきましょう。

 

 

言葉を直して表情も直していきましょう

言い方を治すために表情も変えていきましょう。

 

言い方を変えたり付け足したりしても表情が悪ければ意味がありません。

 

できるだけ意識して表情も変えていけるようにください。

 

言い方だけ変えても自分の表情が変わることはありません。

 

言葉の扱い方や取り去り方が間違っていたらどうにもなりませんから、表情と言い方が一緒にバランスよくなっているようにします。

 

表情だけでなくて服装も良くなっていることが肝心です。

 

気持ちだけなくて姿で言葉が拡がるようにします。

 

言い方がきちんとできるようになったら服装だけではなくて表情とジェスチャーも交えた表現をすることが可能です。

 

自分から気持ちを込めて変えていただけることが大切です。

 

自然体に変わっていくと気分も楽になりますから自然とリラックスした言い方が出来るようになってくるはずです。

 

力をかけたり無理な負荷を与えていくようなら言い方は壊れたり良からぬ方向へ傾いていきます。

 

自分から言い方を変えていきたいという人はなるべく表情や声のトーンも変えるように工夫してみてはどうでしょうか。

 

正に変わっていく自分の気持ちや表現の方法が分かってきたら声だけではなくて伝え方の訓練やレッスンもすれば相手の感情に響く言葉を選んで告げることができるようになってくるかもしれませんね。

 

台本はよくありませんが言い方には心と気持ちがこもっていていよいよ出来る表現方法があります。

 

メールやチャットにも文字による言葉の表現が多くつかわれています。

 

ここの違いが頷ける人は言い方を治す方法も知っているはずです。