人と会って言葉の練習をする

人と会って言葉の練習をする

言い方は社会経験を積んで覚えて行くものです。

 

自分から進んで言い方を直して行くことが出来るなら大変頼もしいとおもいます。

 

自分の言い方の間違いとか面白い部分をちゃんと見つけて解消していけるようにください。

 

本を読んだり辞書を引いたりして覚えた言葉はさほど役に立ちません。

 

自分から勝手に取ってきた言葉は対して他人が必要としている言葉ではないからです。

 

相手と直接話をしながら自分の言葉の悪いところや間違っているところを直して行くことが必要ですから、家族や友人と話をしていきましょう。

 

話をしたら言葉が上手になったり綺麗になったり言葉が丁寧になったりするわけではありません。

 

話を重ねても所詮は話をしただけですから自分の本心から言葉が変わったりしたとは言えません。

 

自分の言葉を変えたり新しくしたいならもっと完璧を目指さないように自然と生み出せる言い方を心から目指します。

 

相手の言葉を直させるためにも自分が相手に「その言い方は面白い」という指摘をすることもできます。

 

自分が相手に言い方の間違いを指摘したらお互いの疎通の誤解もとけてしまうし楽になってくると思います。

 

力を書けないでも簡単に出来るレベルから直していくように目表わしましょう。

 

自分の努力で言葉を直して行くのはやめてみんなの努力で言葉を訂正したり直したから聞いてくれと言われても誰も聞きたいとは思っていなすはずです。

 

普段から人と話をしないで気分が宜しい時だけ言い方を変えたり言葉の練習をしたと言ってもそれだけで治るわけがありません。

 

あんな方法で言い方が直るならみんなおんなじことを通していると思います。

 

人と話す力を育成するようなつもりで練習すればいいのです。

 

直接人と会って練習しましょう。

 

 

言い方で誤解を与えないようにしましょう

言葉は大切ですから無駄に年甲斐言葉を連続してつかうのは辞めた方が安全です。

 

実際に自分が使っていた言葉が普通の言い方なのか?を考えてさらに、考えなおしてみたりするのはどうでしょうか。

 

普段から慣れない言い方に悩むよりも普通の言い方を意識して出向くことです。

 

実際に言い方は下手くそでいいのです。

 

言い方は上手を目指そうとすると無理が生じて来る。

 

無理な言い方を続けていると仲間をなくしたり仕事をなくしたりと一大災難に見舞われたりします。

 

ですから、簡単に普通の言葉で人と話が出来るように回復を目指して行くことです。

 

たちまち激しい難しい言葉を使ったり年齢に合わない年不相応な言葉づかいをしてしまうと相手に誤解を与えます。

 

言い方だけは年齢にあったものを選んで自分でおんなじ年齢ぐらいの人と話をするような習慣をつくります。

 

年齢が間近い人となら普通に話が出来ると思いますから、相手の人に言い方を評価してもらって口調や態度もみてもらいましょう。

 

そうしていくうちに自分が「ひと眼を意識せずにスキ放題な言葉によっていた」ということが分かって来る。

 

自分で言葉の面白いところを見つけて直して出向くことが出来るだとすれば相当素晴らしいと思いますけれど、自己補正は事態を一層悪化させます。

 

アルバイトをしたり社会参加を通じて世の中で使われている普通の言い方を心がけるようにして大人らしいアクセントを身につけていくほうが安心です。

 

 

言い方を直して世の中それでも伝わる話かたを作る

精神的に疲れているときでも言葉は大切ですから適当はやめましょう。

 

適当な言葉は間違いや誤解を生む原因になってきますから注意が必要です。

 

言葉を治すためには本を読んで漢字を書く練習をするという風に練り上げるひとが多いと思います。

 

漢字を覚えた読書で見て聞いて覚えた言葉なら使えると効くうパターンは学生しか通じません。

 

学校の授業で扱う教科書や本を読んで覚えて学校のなかで扱うならば気にせずマニュアル通りの考え方で正解です。

 

但し世間で取り扱うことばは無難にはいきません。

 

無難にいかないからと言って慌てることはありません。

 

そのマニュアル思考を排除して人に会って活動できる場所を探します。

 

歌を歌う練習でも構いませんし問題なく人と意識があってキャッチボールが出来るレベルまでは回復して出向くことが大切です。

 

無理に意識レベルの高いひとや言葉が甚だしく上手な人と共に話すことはありません。

 

ふらっと丁寧な言葉を聴いたり意識レベルの高い言葉に触れると反発的になって仕舞うことがありますから、最初は身近な友人や仲間と話しましょう。

 

これからは社会にも生きる仕事用の言葉も覚えたり業務用の話方も勉強していきましょう。

 

その基本が出来ていれば問題なく言葉の「分野」を覚えたことになりますから補正の効果はあったと思います。

 

言葉ひとつでも問題だらけで困難人もいますから気をつけて直していきましょう。

 

早めに矯正していくと将来的にはプラスがあります。