言葉づかいは大切ですから丁寧につかいましょう

言葉づかいは大切ですから丁寧につかいましょう

言い方は大切ですから自分の個人的な自由は通じない時があります。

 

例えば政治家が使った言葉がはやってもアマチュアは使えませんから自分でどうして扱うのか場所を考えて選ぶ必要があります。

 

自分から進んで払える言葉を見つけて取り扱う練習をします。

 

相手の言葉をマネすることはありませんから、自分に払える意味の押さえる言葉を見つけます。

 

自分で見つけた意味の聞き取れる言葉が相手にも理解できるかどうかを考えます。

 

相手が理解できて払える言葉であれば喜んでくれると思います。

 

人の言葉が分からなくなるまでには自分がスキな言葉だけを聞いて嫌いな言葉は受け流すというライフスタイルがあるからかもしれません。

 

それかゲームや漫画のセリフや言葉だけで頭が出来ている場合などです。

 

少ない文章を書く練習をしたり普段から人と関わって言葉をやり取りする疎通の練習も少しはしないといけません。

 

「人間」は誰とも話さずに語らずに言葉を覚えることは「絶対」に出来ません。

 

適当なことを言っていると相手の足もとを見て相手を口説くような言い方を拾う人もいます。

 

言い方にはそれ相応の日常生活のノウハウが入っていたりしますから生活の中で自分が身につけた言葉を如何に人に向けられるのかを考えます。

 

自分だけが理解できる言葉を信じ込み過ぎて自ら勝手に考え込んで思いこんでいる人がいますから注意がひつようです。

 

誰かと共に考えて誰かと共に扱うからおかしいのですよね。

 

言い方は自分だけでは憶えられませんから人と話してなおしていくようにください。

 

 

口舌は初々しいうちに矯正していきます

人との関わりに言葉が必須になって現れるのはご存知でしょうか。

 

人対人の生活のなかでしか憶えられない言葉には新鮮味があります。

 

新鮮な言葉には元気が詰っているという感じになります。

 

聞いた時に気持ちが落ち着いたり元気がでて次の仕事にもやる気がでるものです。

 

自分が使った言葉がおかしかったり話方がおかしかったら誰かに聞いてもらって公平な評価を得られるように工夫していきます。

 

声を録音したりビデオを録画として自分が話している風景を自分で確認してもいいですが、自分で直せないのが言葉の難しいところです。

 

自分で直せないからこそ相手に直してもらう気持ちから入っていきます。

 

相手と向き合って人と話して言葉をやり取りして行くことで直していくのです。

 

自分で直すのは文字の書き方ぐらいですから明かし方や言葉までは自分で自己補正できません。

 

練習しても人前では絶対に役に立ちません使えることは一切ありません。

 

相手と台本なしでむきあって話をしたり社会経験をとおして仕事で現に話して出向くことで得ることができます。

 

はなはだ人と向き合って正面から覚えて行くことのほうが大切ですから、本番の繰り返しで慣れるしかないのが現実です。

 

子どものうちから悪賢い言葉としていたならば少しは意識して直すことができます。

 

でも緩和しかなりませんから効果は望めません。

 

直接人に会って話して指導してもらいましょう。

 

誰かに聞いてもらってようやく聞こえるようになっています。

 

早めに直していきましょう。

 

とりわけ若いのに口舌が乏しいならば早めに矯正しないといけません。

 

 

たくさんの方言は混ぜると怖がられてしまいます。

 


みんながが脅えるような言い回しを覚える間違う人もいます。

 

私が説明するのは現に医者が縮みあがるような間違う言葉を覚えたアニメオタクの話です。

 

パチンコとスロットマシンで朝から夜までずっと遊んでいる本人は言い回しもめちゃくちゃで考え方もハチャメチャな人でした。

 

言い回しに名古屋の方言と九州の方言が加わるので人が聞いたら九州の人だと思ったり、名古屋の人だと思ったりするものです。

 

結果として、「誤解を与えて失職」というのが相場でした。

 

それは本人の言葉づかいで相手に生まれや出身地の誤解を与えたからです。

 

自分から誤解を与えたならば早めに間違いを訂正して相手の誤解をといていきましょう。

 

自分から間違う方向へ話を進めて仕舞うこともありますから気をつけないといけません。

 

聞こえだけでも抱腹絶倒人だと思われないようにどれか1つの音程で喋れるようにアクセントにも気を使います。

 

大切なのは気持ちを込めて話ができているかです。

 

そこに気持ちのこもった言葉が自然に生まれてきますから、自分で自然に芽生える言葉をさがします。

 

間もなくは言葉を探さなくても勝手に自然と生じる言葉を身につけていきます。

 

それは人と人との関係で成り立ってきますから経験を積み上げるしか方法はありませんし、台本を手にしてもなおることはありません。

 

自分から治す意識をもって気を使いながら心をこめて人に向って話をする「勇気」も必要です。

 

それが、あちこちの方言を混ぜて使っていたら人は怖がって逃げていきます。

 

次いで友達を無くしたとしても自分の責任ですから言い回しの作法から考え直していきましょう。