人と話す習慣があれば言葉遣いは直ります

人と話す習慣があれば言葉遣いは直ります

言葉遣いを治すには言葉遣いを失敗したきっかけがあると思います。

 

誰かの前で言葉遣いを失敗したり話方がおかしかったりした場合には言葉を正すように指示があるはずです。

 

言葉遣いは自分の意識で沢山直して行くことが出来ると思いますが本を読んで覚えた言葉やテレビを見て覚えた言葉を使い出すと人は嫌って逃げていきます。

 

誰にでも言葉による失敗はあります。

 

その言葉による失敗が起きないようにするために普段からの訓練があると思います。

 

それは「人と会って話をすることです。

 

人と会って話をして会話を続けていくことなのです。

 

まさにみんなと会って話をして誰かの声を聞いて話の意味を理解して言葉の意味も覚えられると思います。

 

人と関わらずにどこかに引きこもって適当な時間を過ごしている生活の人には言葉遣いを正すのは難しいと思います。

 

言葉遣いはその人しか分らないような表現方法がたくさんあります。

 

意味は本人しか理解できないと思いますが他人が聞いても理解出来るような言葉遣いを心がけます。

 

ステップとして:「ほんとに他人が聞いても聞こえる普通の言葉遣い」を徹底して目指していきます。

 

以上が言葉遣いを正す方法です。

 

簡単ですからまずやってみてください。

 

相手が聞いてもうなずける言葉を使うだけですから人と話すように努力して下さい。

 

門外漢とのやり取りの習慣があるだけで直して出向くことが出来るようですから大丈夫です。

 

しかし、若者言葉はやめておくのが無難です。

 

 

台本を用意せずに話す

言語的習慣と物言い。

 

自分で使っている言葉がはたしてまさしく使われているかどうかを決めるのは相手の方です。

 

相手の人がふさわしい言葉が使われているかどうかを判定するのですから自分が使っている言葉が自分で規則正しいとして使うとどうしても失敗します。

 

自分で規則正しいとしているだけではたして正しいかどうかは分かりません。

 

自分が身につけたのは若者言葉で適当な言葉とテレビのマネをしただけの言葉かもしれません。

 

正しく自分が使っている言葉の意味を把握して意味が分かるように工夫してみてはどうでしょうか。

 

どこで覚えたのか解らないような物言いや日本語を使ってみても人はかなり聞いてくれません。

 

話を続けたり自分の気持ちを伝えたいならば充分語れる言葉を覚えて扱うことです。

 

覚えた言葉の数だけ人と話してきた証拠ですからたくさんの人達と話してきたという気持ちと自信を持ち歩いて話をつなげられるぐらいには回復してほしいと思います。

 

いい方向へ向いて行くことを願っています。

 

物言いだけで仕事や生活の仕組みまでなるぐらいです。

 

大切なのは物言いのために台本を読まないことです。

 

つまり、用意したものを持ち歩いていかないということです。

 

自分が用意したものは相手が欲しがっているものじゃないかもしれません。

 

ですから、用意せずに準備せずに作らずに普通に自然に話せるようにするのです。

 

物言いの基本は台本を持たずに普通に話し出し積み重ねる、普通に聴き積み重ねることです。

 

あわてずに普通の物言いをこころがけましょう。

 

 

言葉のアクセントに注意しましょう。

 

若者言葉はダメです。

 


物言いを治すために試行錯誤は要りません。

 

話せる能力を持ち歩いてして自分の気持ちを表現していきましょう。

 

自分から素直に明かしをする気持ちを開いて解放的に会話をつなげていただける能力が必要です。

 

能力まではなくても気持ちだけでも解放的に相手に素直になってたどり着くことが出来るように「前向きな切り替え」を通じて行くことです。

 

普段からパソコンやゲームを通じてみたり聞いたりしている言葉は実生活で取り扱うことばではありません。

 

アニメのセリフや台本なんかも実生活で使いこなすものではありませんし、人にかけて取り扱うものでもありません。

 

ゲームに顕れるような話方や言葉のアクセントも現実生活では間違う表現になって聞こえます。

 

アクセントには「アーティキュレーター」や「アーティキュレーション」と「サーキュレーター」があります。

 

相手が聞いても分かりやすい言葉のアクセントを通じて話をして行く気遣いが必要です。

 

母音と子音のアクセントの微妙な違いだけでも全然違う言葉になって聞こえてきます。

 

アクセントは特に大切で物言いの命でもあります。

 

物言いの命になっているアクセントをきちんと感じ取る耳も必要ですから「〜ですからうえへへ」みたいな意味のわからないものはダメです。

 

小さいころから読んできた教科書に「国語」があったと思います。

 

国語の教科書で覚えた言葉や言い出し方も現実には通じません。

 

教科書や書もので覚えた言葉の表現のしかたに限って人に通じないようになっていますから、普通に人と会って話して自分が身につけた言葉を自然に残せるよにください。

 

若者言葉は中でもダメな例ですから気をつけていきたいところですね。

 

 

言葉遣いを治すためには台本を使わないこと

言葉の発声練習をある程度は自分で実践していく習慣を持つことも大切です。

 

自分から言葉の使い方を練習することもプラスにしていくといいですね。

 

あわてないで話す方法や落ち着いて言葉を報ずる練習がありますけど、全部なにもかも台本通りにしてしまうと言葉は生きてきません。

 

自分が何を者べているのかを自覚していることが大切ですから、普段の単語で注意されたところを直していくようにします。

 

相手が指摘しても自分が直せなかったら意味がありません。

 

相手に言われたら直すんじゃなくて自分から積極的に直して出向くことです。

 

自分の単語がどんなに完璧でも相手において対してもの凄く単語ではないということが分かります。

 

得な言葉だけでいただけるときは構いませんが苦手な言葉で何かしゃべろうとすると必ず無理が生じてしまう。

 

連続しておんなじ言葉を増やす人もいますし、一度しか使わない言葉を何十回も使い続けているとかの矛盾です。

 

ちゃんと流れがあって話の意味が伝わったり会話の内容が理解できたりする整理力が一言に詰まっていればたくさんの言葉を何十行も続けなくて済むと思います。

 

自分がこれなら大丈夫だと思うような言葉を取って付けても効果はありませんから相手の人に通じる単語を憶えましょう。

 

苦手な言葉やわからない言葉は使わないようにします。

 

アニメやテレビゲームで覚えた言葉を電話や職場の中でお客様に使うと大変失礼ですからそれだけはやめて安全な単語を心がけます。

 

殊更女性に対する単語は気をつけています。