コミュニケーション能力を飼うコース

コミュニケーション能力を飼うコース

話し出し方教室には、コミュニケーション能力を養って、面白く話せるようになるためのコースが用意されています。

 

仕事やプライベートに関係なく、大勢と付き合って出向くために基本となるのが「会話」です。

 

話し相手に自分の言いたいことを十分に伝えられなかったら損します。

 

それでも、それができるようになれば、コミュニケーションを深めるきっかけとなって、より人生がうれしいものになることでしょう。

 

このようなコースは、「何とか会った人との会話が成り立たない」「話すことが何も感じ取れ」「会話が直ちに終わってしまう」「話の輪の中に相当入っていけない」といったことで困っている人にぜひ受講してくださいコースです。

 

 

 

このような教室の目的は次の通りです。

 

・コミュニケーション能力を身につけます。

 

・人から好感度を持たれ良い人間関係を形作れるようします。

 

・日本語を読み上げて出向くことによって、PMAを磨き明るさを身に付けていきます。

 

・言葉のないコミュニケーションの方法を学びます。

 

・コースが終了する頃には、「あなたと話していると、かなりおかしい」と言われるようになります。

 

 

 

また、言い出し方教室の中には、短期間で話し出し方の基礎をマスターできる「短期集中コース」もあります。

 

この短期集中コースでは、基本のコースで学ぶことを短時間で圧することができます。

 

バランスよく練習と実習を増やすことで、これから明かし方がうまくなって出向くことを実感できるはずです。

 

 

言い出し方教室の受講者の声

話し出し方教室を受講した方の感想を紹介します。

 

ある20代の女性は、ある明かし方教室で学んだ知人が、みんなの前で楽しそうに話しているところを見て、アッという間に言いだし方教室の受講を決めたそうです。

 

この方は、人前で話すと緊張して、いくらでも早口になったり、相手に言いたいことが伝わらなかったりしていました。

 

教室では、自分の話し出し方の悪い所をわかり、それを改善する方法を学んで、客観的にこちらを付け足し、話が出来るようになりました。

 

また、言葉1つ1つをしょっちゅう丁寧にいうようになり、一層、相手が何を考えているかも気にしながら語れるようになりました。

 

ある50代の男性は、会社をリストラして、就職活動をしながら教室に通っていました。

 

この方の当時の悩みは、書類選考は受かるのに面接で常に不採用になって仕舞うことでした。

 

先生から指摘されたことは、表情も話も手強いこと、自分をさらけ出すことが大切、ということです。

 

そうして、挨拶の規則正しい仕方などを何度も練習し、毎日その日あったことを思い出して日記を書くように指導されました。

 

それにより、表情が柔らかくなり、人前で緊張することも無くなり、面接もあがらずに受けられるようになりました。

 

ある男性は、あがり症で30年くらい悩んでいました。

 

仕事がうまくいかず、甚だ辛い思いをしてきました。

 

それでも、教室に通い出してからは、無理に自分を変えようとするのではなく、今のままの自分を受け入れることも大切だと知りました。

 

「あがり症はしっかり癒える!」と謳っている教室もありますが、かしこくあがり症と付き合って出向くしかないと心を変わり、人前で堂々と喋れるようにいつも練習を続けています。

 

 

あがり症を追求する明かし方教室

あがりを「認知の問題」として捉えて、人前で話す実践を中心に、一際悩んできたコンプレックスから解放できるように招く言いだし方教室を紹介します。

 

 

・あがり症や対人関係の不安についての専門的な知識を有する講師が指導しています。

 

・ロジカル根拠に基づいて指導し、生徒が納得できるまで何度も説明し、あがり症からの解放に導きます。

 

・独自の研究カリキュラムを実施し、1か月目には受講前に比べてさんざっぱら意欲がなくなってくる。

 

またこの時点で、人によってはぜんぜん緊張すること無く語れるようになる方もいます。

 

・講座が終了する頃には、仕事やプライベートなどで、人前で話すときに緊張したり何を話したらよいのかわからなくなったりすることもなくなります。

 

・ロジカルに話すトレーニングを行うことで、プレゼンテーションの内容までなるほど、利点があり論理性がおっきい話し出し方が身につきます。

 

・この教室では定員が少ないので、個人レッスンと同じように、声の出し方や口の取り回し方など、生徒一人ずつ丁寧に指導します。

 

 

・月末には合同トレーニングが行われ、なので30人以上の前で話す練習をし、挙がることは人数とは関係がないことを実感できるようになります。

 

・始終おんなじ場所で学んだり、一緒に学ぶ仲間もますます一緒だったりすると、どうしてもその環境に慣れてくる。

 

そのため、講座を講ずる中で激しいプレッシャーを与えて赴き、プレッシャーがどんなにかかっても、緊張せずにしゃべれるように指導します。

 

・受講生同士の交流会があるなど、楽しい思い出も作れます。