求人募集広告から年齢制限が消えた訳続き

求人募集広告から年齢制限が消えた訳続き

例外的に年齢制限を掲載することが認められている場合もある。
又、合理的な理由からだ。
これは、会社で決められている定年が60歳だとすると、例えば、その求人には「60歳未満」と年齢制限を掲載している。

 

60歳以上の人が採用試験に来てしまうからだ。
そうでなければ、演劇等の子役募集で「10歳以下」と年齢制限をしている場合もありますが、又、これらは例外となっている。

 

ある程度、子役ですから、年齢が低くないとダメですからね。

 

こうした場合は例外と言えます。

 

厚生労働省が、ところで、法改正、直前の4月に、ハローワークの求人で「年齢不問」とされている求人募集広告がどれくらいあるか調べたようだ。

 

年齢不問としている求人が半数を超えていた。
この際、実際には、ですが、どうかと言いますと、書類選考で年齢を理由に不採用にされていることが多かったようだ。

 

企業側がきちんと守るかと言えば、これが法改正後に義務化したからと言って、それは期待出来ないのではないだろうか?実質、年齢制限で不採用になることは、この先も続くと見込まれている。

 

職業、仕事を探すのにも、 若い人でしたら、余裕だろう。

 

若ければ新しい職業、仕事を出発させる可能性は十分にある。
年齢制限があってもなくても、リストラされた中高年が再就職を探すときは、ですが、結構苦しいものだ。

 

求人募集広告から職業、仕事を探し続け、リストラされた後は、面接を何十社、受けても不採用が続いていると言った場合も多いとききます。

 

法改正がされたとおもいますが、こうした中高年層の為にも、実際はききめがあったのかと言えば、そうではないのが現実のようだ。